BLOG

弊社社長によるブログです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. TED-x Sapporo2019 に参加してきました!

TED-x Sapporo2019 に参加してきました!

本日(2019/10/27)、北翔大学 北方圏学術情報センター 札幌円山キャンパスで開催されたTEDx Sapporo2019に参加させていただきました。
今回のTEDxSapporo 2019 は‘Cross Over’というテーマで開催されました。
“Cross Over”の詳しい意味などは、TEDxsapporo公式HPをご覧ください!https://tedxsapporo.com/event/tedxsapporo-2019/

僕がこのTEDx Sapporoのことを知ったのは、今年の4月25日のことです。
このころの僕は、鷹松弘章講演会を実現させるためにチラシを作ったり、会場探しをしたりしていました。
そして、知人のご紹介でTEDx Sapporo 代表の鈴木卓真さん、TEDx youth@Sapporoの黒沼玲亜さんとお話をさせていただく機会をいただきました。
鈴木さんも黒沼さんも多忙な方々にも関わらず、当時13才の僕に親身に相談に乗って下さり、たくさんのアドバイスをして下さいました。
そのときにTED-xのお話も聞くことができました。
そして、その時からずっとTEDxを聞きにいきたかったのですが、なかなかタイミングが合わず半年たってやっと参加させていただけることができました。
今回、TEDxに参加して、本当に驚くことばかりでした。

僕が今回聞いた講演の中で、1番心に残っているのは、植松電気の植松さんと北極探検家の荻田さんのお話です。
この2人は、一緒にステージに上がっていました。
僕は始め、この2人が一緒にステージににあがってきたとき、正直驚きました。
電磁石やロケットを作っている植松さんと、北極探検家の荻田さん。
何の接点のないように思いました。
しかし、話を聞いて行くうえでこの2人は深く関係しているのに気がつきました。
この2人が出会ったのは、2014年のTEDxSapporoで登壇したときのことです。
はじめは、別々のトークをするために登壇したのですが、楽屋で仲良くなり荻田さんが植松さんにそりを作ってほしいとお願いをし、植松さんが快く引き受けてくれたらしいです。
植松さんは、そりを作ったことがないので、荻田さんと試行錯誤しながらそりを完成させたそうです。
なぜ、性能がいいとわかっているメーカーのものを買わずに自分たちで作ろうとしたのか。
荻田さんいわく、「自分でそりを0から作ることによって、そのそりの長所や短所がわかる。それによって荷物の載せ方を変えたり、少し無理して乗せたりできる。」といっていました。
僕は、この話を聞いてびっくりしました。
自分は中学生で起業という夢に向かって0から活動を始めたけれど、大人にも、しかもプロでも0から始めて何かに挑戦することがあるんだ。と思い、少し自分がやっている活動に自信が沸きました。
それと同時に、もっともっと植松さん、荻田さんのお話を聞きたいと思いました。
この2人以外にも、すばらしい講演をしてくださった方が何人もいらっしゃいました。

今回、TEDxSapporoに参加できたおかげで、たくさんのアイデアが浮かびました。
そして、まだまだ僕たちにはこのクオリティーを再現するのは難しいと思いました。
これから、さまざまなことを経験して行く上で、いつかTEDxSapporoと同じような講演会を作れるようにしたいです。
また、TEDxSapporoの会場の様に、登壇者の講演をより素晴らしく演出できるような会場設定等にも力を入れて行きたいと思いました。

これからも、応援よろしくお願いいたします!

関連記事