BLOG

弊社社長によるブログです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 日本が他国と比べてあまり新型コロナウイルスの検査を行わない理由とは?

日本が他国と比べてあまり新型コロナウイルスの検査を行わない理由とは?

※この記事は、3月15日に作成されました。現在とは状況が違う場合があります。

現在、韓国では1日に平均して1万件以上新型コロナウイルスの検査が行われています。しかし、日本では1日に1000件ほど。なぜここまで偏りがあるのか、調べてみたいと思います。

病院がパンクする

韓国では、新型コロナウイルスの検査をたくさん行い、病院がパンクしてしまいました。
日本政府はたくさんの検査を行うと、このような事態になることを予測していました。
そのため、日本政府自身の身を切り、国民の安全を守るために「ぎりぎりまで検査を引き延ばしする作戦」を行うことにしました。
武漢で大量に死者が出てしまったのは医療崩壊が原因でした。
日本はこのような医療崩壊を防ぐために、4日間の患者の放置を決めました。

感染拡大を放置してでも守りたいものは何だったのか?

 4日間の自宅療養をさせて検査をしないというのは、「感染拡大」につながります。日本政府は、批判が出るのを分かっていて新型コロナウイルス拡大を受け入れました。
↓その理由は?↓
新型コロナウイルスの報道があった時、中国からは1日に23,000人もの渡航客が来日していました。この時すでに感染経路を追えるような状況ではありませんでした。
日本が感染拡大を放置することは、外国にも迷惑をかけることになります。
来日外国人が海外に出ていくことによって新型コロナウイルスを持ち帰らせてしまう可能性もあります。
それでも日本は日本人の命を第1に考えて、先手を打ちました。
医療崩壊を防ぐためにできる最善の選択だと信じて、先手を打ったのです。

それでも、初動対応に成功した日本

 新型コロナウイルス感染者数は1月の段階では中国に次いで2位でした。でも今は、世界で29位になっています。(2020/03/30現在)
新規感染者数が10~20人で推移しているのは、日本以外ありませんでした。(2020/03/30現在、状況が変わっています。昨日も、東京で60名ほどの感染者が確認されました。)

日本国民の協力

 新型コロナウイルスのニュースが出てから国民が手洗い、うがいを徹底しているのでしょう、インフルエンザの感染者数が激減しました。
2018~2019年インフルエンザ新規感染者数は約565万人でした。しかし、今年は240万人ほどでした。国民が対策を強化しているのが表れているのだと思います。

今日のまとめ

 今回は、僕が以前から疑問に思っていた「なぜ日本は検査を行わないのか」について調べました。
今回の内容はあくまでも1つの可能性に過ぎないのですが、本当に今回調べた内容を理由に日本が検査をしていないのであれば、日本はいい国なのかな、と思います。しかし、個人的には納得できません。すでにスイスのロシュという製薬会社がすごく簡単な新型コロナウイルス検査キットを開発しているのにも関わらず、日本は頑なにそれを使おうとしません。国から十分な理由を説明されていないので、もしかするとオリンピックをやりたいがために、検査数を少なくしていたのではないか、と思ってしまいます。実際に、東京オリンピック延期が決定すると、東京都の感染者数がいきなり50人以上も増えるのは、不自然な気がします。(あくまで個人的な意見です。)
今朝、志村けんさんの訃報をニュースで見ました。日本人なら知らない人はいない、といっても過言ではない志村さんがなくなるとはだれも夢にも思っていなかったのではないでしょうか。そして、新型コロナウイルスが他人事ではないと改めて気付きました。
あと1週間ほどで新学期が始まります。
「自分が新型コロナウイルスに感染しないようにする」だけではなく「自分を介して周りにいる人に移さないようにする」ために、これから一層気を引き締めて、生活していきたいと思います。

関連記事