BLOG

弊社社長によるブログです。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 新企画
  4. 弊社新企画 中学生新聞の作製・発行

弊社新企画 中学生新聞の作製・発行

中学生新聞発行に至った経緯

僕たちは、起業を決めて以降、次回のイベントに向けて全力で取り組んできました。
僕たちの学校は土曜日も学校があるため、放課後や休み時間に会議を行ったり、日曜日に会議を行ったりしてきました。次回のイベントは北極冒険家の荻田康永さんをお招きする予定だったのですが、イベントに向けて準備を進めていく中で、やはり中学3年生の僕たちの力では、すばらしい考え方や生き方をしていらっしゃる全ての方を札幌にお招きするのは難しいと自分たちの力不足を痛感するようになりました。

そんな時、社員全員でこれからのことについて考えているとき、1つ、いい案を思いつきました。
最近の中学生は、よくインターネットを使っています。これは、問題点として度々話されることが多いのですが、僕たちはこれを逆の目線から考えてみました。
中学生がインターネットを良く使うなら、様々な方の素晴らしい生き方や考え方の話を僕たちが取材し、インターネット上で紹介すればいいのではないか。そうして生まれた企画が、3月29日に公開したの「Quest-Frontier」です。「Quest-Frontier」では、札幌市内から公募を行い、書類審査と1度の面接を経て弊社専属ライターとなったライターが、アポ取り・取材・編集を行い、全国の小中高生に記事をお届けするものです。

Quest-Frontierの企画を進行するに当たって、僕たちはたくさんの新聞や記事などを読みました。
そうしたなかで、僕は1つ疑問を持ちました。

小学生向けの新聞は、「エコチル」を始め、様々な種類がある。高校生向けの新聞もある。でも、中学生向けの新聞は少ない。

僕は、中学生こそたくさんの新聞を読んだりして感性を豊かにするべきだと思います。なのに、中学生に向けた新聞を発行している会社はすくない。そこで、思いつきました。

中学生に向けた新聞を作ろう。内容はQuest-Frontierと同じように、メインは様々な方の考え方や生き方を紹介する新聞。でも、それだけじゃなくてもっともっと内容が濃い新聞を作ろう。

そして、新企画「中学生新聞の製作・発行」がはじまりました。 

中学生新聞の概要

発行   1ヶ月に1回発行(月末予定) 
対象   公立中学校に通う中学生
収入源  広告収入
大きさ  タブロイド新聞サイズ
ページ数 6面
色    フルカラー

詳しい内容につきましては、また今度、別の記事にてお話させていただきます。

関連記事